若狭町熊川宿

 

古代より、若狭地方から京へ日本海で獲れた魚や貝が運ばれていました。18世紀後半からは特に鯖が大量に運ばれ、若狭街道は「鯖街道」と呼ばれれようになりました。

熊川宿はこの「鯖街道」の宿場町として栄え、現在も江戸時代の風情を色濃く残しています。